めまいの治療として投薬を行う場合

めまいの治療法

 

それぞれでてきた症状に対して、症状にマッチする薬を服用することによって、めまいの原因の改善と再発防止を図ります。

 

1つ目は、一般的な投薬として使われるのが、抗めまい薬や循環改善薬になります。

 

この効果としては、脳や内耳に血液を行き届きやすくして、からだのバランスを整えようとします。

 

2つ目は、吐き気止めであり、文字通り、吐き気や嘔吐をおさえることが可能です。

 

3つ目は、抗不安薬であり、ストレスなど精神的なものを取り除く場合に投薬されます。精神的に不安定な場合に用いられ、精神を整えるのに役立ちます。

 

4つ目は、ビタミン剤であり、神経の働きを正常に保つのに用いられます。神経がダメージを受けたときに修復する効果があります。5つ目は、浸透圧利尿薬であり、主にメニエール病で使われます。メニエール病は内耳がむくんできてしまうのですが、この薬を服用することで内耳のむくみの改善を図ることができます。

めまいの治療として点滴を行う場合

激しいめまいが発生した場合には、投薬をして改善を図るよりも、点滴をして一気に回復を図るといった方法があります。

 

1つ目は、メイロンを点滴します。回転性のものや急性のもの、メニエール秒や持続する同様性の治療などに効果を発揮します。なお、抗不安薬や吐き気止めなどを併用して使い、それらの症状にも同時に対応していくこともあります。

 

2つ目は、プリンペランを点滴します。症状としては主に強い吐き気に対応するものであり、ただ単に吐き気をおさえるだけではなく、胃の働きを促して薬の吸収を促進させるといったこうかもあります。

 

3つ目は、ステロイドになります。よく耳にする方もいるかと思いますが、体のなかの炎症をおさえて、それにともない体の免疫力を抑制するといった効果があります。これにより、めまいをおさえることができます。ただし、使用する場合には、医師の指示に従うなどの注意が必要になってきます。

めまいの治療として理学療法を行う場合

理学療法としてエプリー法を用いる方法があります。目の動きを読んで、頭をゆっくりと大きく上下左右と動かしていき、三半規管から、耳石のかけらを耳石器に取り出すといった両方になります。

 

一番即効性があるのですが、これは誰でもできるといったものではなく、日本では特定の先生しかできません、そのため、エプリー法の治療ができる病院が近くにあるのことは稀であり、あるほうが珍しいといったケースとなります。従って、これまで挙げた3つの治療法のなかでは、もっとも治療頻度が低いといったものになります。

 

しかし、念頭にあるのとないのとでは、めまいが発生したときに対処の方法が異なってきますから、元気なうちからしっかりと治療法について理解しておくのが良いと感が増す。

 

そうすることで、実際に発生した場合に冷静に対応することができますし、他人が陥ったときにもすぐ助けることができる可能性がありますので、理解しておくことをおすすめします。

 

https://xn--nbk9doe4cv454c5bqb.jp/