症状の進行を遅らせることは可能

日常生活の音、話し声が以前に比べると聞こえにくいという場合を難聴と言います。普段の生活で耳鳴りを実感している人でも、聴力の低下を自覚している人は少ないようです。しかし、実際には耳鳴りだけではなく、難聴が伴っている場合も少なくはありません。

 

加齢に伴う難聴のことを「老人性難聴」と言います。老人性難聴の特徴としては、高音域から聞こえにくくなるということです。普段の生活の中で高音域の音に接するということは少ないため、老人性難聴の症状が出ている人でも自覚していない人が多いようです。症状が出る年齢や難聴の度合いには個人差があるとされています。

 

左右同じように聴力が低下するため、音を聞き取ることが出来ても、それを理解することが出来なくなるという特徴があります。老人性難聴の原因は加齢ですので、症状を治すということは出来ませんが、食事や生活習慣、補聴器の使用により症状の進行を遅らせたり、改善する効果を期待することは出来ます。

耳の中で起こる異常が原因の難聴

耳は、外耳・中耳・内耳の3つで構成されています。耳掃除などを行っている部分は外耳となります。外耳で集められた音は、中耳で増幅され、内耳の中にある蝸牛という器官で電気信号に変換されることで、脳が音として認識するようになります。

 

中耳と内耳は膜で仕切られているのですが、何らかの原因でこの膜が破れてしまうと、内耳のリンパ液が中耳に漏れ出でしまいます。このような状況を「外リンパ瘻」と言います。

 

外リンパ瘻の原因はくしゃみや咳、飛行機に乗った時など、意外と身近なところにあります。音を感じることが出来なくなるだけではなく、耳鳴りや耳の閉塞感、めまいなどの症状が見られることもあります。

 

膜が破れる時に、「ポン」という音が聞こえるということもありますので、もし、このような音が聞こえてから耳が聞こえにくくなった、耳鳴りがするという要な場合には、外リンパ瘻を疑ってみると良いかもしれません。

早期発見・早期治療が結果を左右する

耳鳴りと難聴

 

ある日、突然、何の前触れもなく片方の耳が聞こえにくくなったという場合には、「突発性難聴」である可能性があります。

 

突発性難聴を発症した時には、耳鳴りや回転性のめまいを起こす人もいます。原因は未だ不明ですが、ウイルス感染や内耳の血流障害、過度のストレス、疲れなどが影響しているのではないかと言われています。

 

突発性難聴は発症してから治療を受けるまでの時間によって、その後が左右されます。発症してから短時間の内に適切な治療を受けることが出来れば、日常生活に支障が出ないほどまでに回復することが出来る可能性が高まりますが、発症してから時間が経過してからの治療では、音が聞こえにくい、特定の音が大きく聞こえる、音が重複するなどの症状が残ってしまう場合があります。

 

そのため、突発性難聴を発症した場合には、早めに治療を受けるということが何よりも大切になってきます。

 

なお、治療を受けても完治をするのは全体の3分の1、3分の1は症状緩和、残りの3分の1は症状が残るとされています。